細胞塊・スフェロイドの大量培養・分化誘導マイクロプレート「TASCL」や再生医療支援を手掛ける再生医療ベンチャー


  お知らせブログ

TEL:050-7115-9215
FAX:03-6800-2548
〒464-0858
名古屋市千種区千種2-24-2 千種タワーヒルズ1F
E-mail:info@cymss-bio.com

2019年2月19日

2019年3月21日~23日に神戸国際会議場・神戸国際展示場で開催される、第19回日本再生医療学会総会において、3月23日(土)12:30~13:40に第2会場2A会議室にて、共催学術セミナー「新規再生医療デバイスTASCL(タスクル)を用いた細胞塊治療―基礎から臨床へ―」を、株式会社シムス、日昌株式会社とともに共催します。

タイトル:新規再生医療デバイス TASCL(タスクル)を用いた細胞塊治療 ―基礎から臨床へ―

趣旨:再生医療において細胞塊(スフェロイド、胚様体)の有用性が注目されています。このたび新たに商品化された、細胞塊大量培養デバイス「TASCL」(タスクル)のメリットと、細胞塊を用いた再生医療の可能性について講演します。

Part1 3D細胞クラスター大量培養デバイスTASCLの基礎

 座長1:林 衆治    一般財団法人グローバルヘルスケア財団 理事長

 演者1:池内 真志    東京大学大学院 情報理工学系研究科  システム情報学専攻 講師

Part2  TASCLを用いた半月板再生への試み

 座長2:黒田 良祐    神戸大学大学院医学研究科 外科系講座整形外科学

 演者2:出家 正隆    愛知医科大学 医学部 整形外科学講座 教授

Part3 座長・講師全員によるトークセッション

ご案内チラシ

また3月21日~23日を通して、神戸国際会議場・神戸国際展示場で行われる

第18回日本再生医療学会総会の「最新技術紹介コーナー」

(神戸国際展示場3号館1階 125ブース)において、TASCL新商品をご紹介します。