株式会社シムスバイオは細胞クラスター大量培養デバイス「TASCL」など再生医療分野の革新的な製品・サービスを手掛けるベンチャー企業です。

TEL:052-745-6890
464-0858
名古屋市千種区千種 2-24-2 千種タワーヒルズ1F
E-mail:info@cymss-bio.com

News

2018年10月7日 TASCLサンプルを無料でお試しいただける方を募集しております。
2018年10月7日 ジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミットに出展します。
2018年8月1日 Webサイトを開設しました。
2018年7月11日 株式会社シムスバイオを設立しました。

当社の事業内容

1.細胞培養デバイス事業

TASCL(タスクル)は1cm四方で1度に400個の均質な大きさ・形状の細胞クラスターの培養ができるデバイスです。当社が東京大学先端科学技術研究センターと共同開発し、既にメーカーにおける製造体制を構築しています。2018年度から生産を開始し、再生医療や医薬品開発などを扱う研究施設を中心に販売する予定です。
    

2.細胞自動培養装置・スクリーニング装置

TASCLを応用した小型の自動細胞培養装置「Desk-Top CPC」は低コストで細胞培養を自動制御できる、従来の自動培養装置とは一線を画した革新的な装置です。当社は近い将来に製造販売する予定です。
また、TASCLで細胞クラスターを大量培養し、そのまま創薬スクリーニングに用いることができるシステムの開発も検討します。

3.細胞加工事業

将来的に、整形外科および美容外科を対象に、PRP療法や幹細胞治療の細胞加工または細胞製品の製造販売を開始する予定です。また、弊社が開発するTASCLDesk-Top CPCを用いて、幹細胞クラスター(体性幹細胞および人工多能性幹細胞)あるいは軟骨などに分化誘導した細胞クラスターの製造販売を行う予定です。

TASCL

    

 
TASCL(タスクル)は1cm四方で400個の細胞クラスターの培養ができるデバイスです。
400のテーパー状(傾斜のある)のウェルが空いていて、底は貫通しており、任意のシャーレ等の基材の上に置いて使います。
 
<TASCLのメリット>
1.細胞培養を高効率・低コストで行うことができる
2.細胞クラスターを1か月という長期にわたり培養でき、分化誘導を図ることができる
3.培養の品質が安定し、均質な細胞クラスターが得られる 
4.細胞単体ではなく、細胞クラスターとして実験ができる
 
TASCLの詳細については「TASCLについて」をご参照ください。

       
   

About Us

当社について 

 
 株式会社シムスバイオは再生医療分野の革新的な製品・サービスを手掛けるベンチャー企業です。弊社は次の事業に取り組みます。
 1.細胞培養デバイス事業
 2.細胞自動培養装置・スクリーニング装置
 3.細胞加工事業
 弊社の設立経緯は、2006年1月から2010年12月にかけて、名古屋大学大学院医学系研究科に「先端医療バイオロボティクス学寄付講座」(教授:林衆治)が開設されたことに遡ります。ここで「再生医療」「ロボット医療」「自己医療」に関する研究が行われました。2010年10月、これらの研究成果をさらに発展させるために、株式会社シムスが設立されました。細胞クラスター大量培養デバイス「TASCL(タスクル)」は、シムスの再生医療への知識・知見と東京大学のMEMS(微小電気機械システム)技術の融合により開発された製品です。
 当社は、TASCLの製造販売をはじめとする再生医療ソリューションを担う会社として、2018年7月に設立されました。TASCLについては2018年度中の研究機関への販売開始を目指しています。
 当社が提供する製品が、いずれ再生医療の研究や臨床の現場に普及し、国内外の再生医療の推進に貢献することを願っています。
 

株式会社シムスバイオ  
代表取締役社長 門脇 純